FC2ブログ

3/2(金)、グランドプリンスホテル新高輪で行われた、第35回日本アカデミー賞受賞式に参加してまいりました!
華やかできらびやかで、夢のような4時間でありました。

会場に到着した途端、昨年の感動がじわじわと蘇ってきてもうアドレナリン出まくり^^
テレビ放映でも、トップで昨年のブッキーの、涙の感動スピーチを流してくれていましたね。

DSCN0436.jpg

会場で受け取った式次第には、プレゼンターとしてトップにブッキーの名前が。
なんかもうこれだけですでに感動MAX。

DSCN0353.jpg

DSCN0355.jpg

ということで、参加できなかった方のために、拙いながらレポをお届けしたいと思います。
まずはその①ブッキー編で。

昨年、『悪人』で見事最優秀主演男優賞を受賞したブッキー、今年はプレゼンターとして我々の前に姿を見せてくれました!

DSCN0438_20120304114234.jpg

DSCN0439.jpg

岡村くんに左袖をつかまれて、「恥ずかしいー」と言いながらいきなりこの極上笑顔で登場。
もー眩しすぎて正視できない!
ブッキーの後ろには、常にラメスプレー持った黒子が控えているんじゃないかとすら思ってしまう(笑)キラキラっぷりでありました。

で、ブッキーが通り過ぎた後、お隣りのTUMAさんと、「カッコよかったねえ」と言いつつ前方に目を向けたら、なんとブッキー、私たちのブロックと同じ側の同じライン上の席に案内されているではないですか!
プレゼンター席がどこになっているかなんて考えて席をとったわけではなく、そもそも一般席は、ぴあのプレリザーブでとると勝手に割り当てられるので、これは全くの偶然。
距離こそあったものの、同じテーブルの方々と仲良く談笑するブッキーの背中&中座の際の美しい横顔がバッチリ見える、まさに“神様ありがとうシート”だったのでありました^^

きらびやかな俳優さんたちが次々に現われ、会場の興奮冷めやらぬまま、今年の司会、関根勤さんとふかっちゃんが颯爽と登場。
ふかっちゃん、『悪人』関連のイベントで生のお姿は何度も拝見していますが、いつ見ても真っ白で小さくて細くてほんとに綺麗。

なのになのに!
「皆さんこんばんは。司会を務めます関根勤です」
「同じく、関根麻里です」

えええーーーっ!!

あのふかっちゃんがそんなボケを!?という雰囲気になりながらも会場大爆笑。
三谷さんの入れ知恵だったそうですが、それをほんとにやるふかっちゃんすごい!
ふかっちゃん、「根性があって、監督の要求に対してもできないとか無理とか絶対言わない女優さん」といろんな監督さんに言われているけれど(『悪人』の李監督も言ってましたね)、ほんとだ、と思いました^^
そしてこのふかっちゃんの確信ボケの後、会場のモニターに、口半開きで完全引き顔のブッキーのアップが^^;(↓これ)

DSCN0440_20120304121128.jpg

いやー、これまでブッキーのいろんな表情見てきたけど、ヒキ顔ははじめてだったかも(笑)
この表情、テレビでもカットせずに映してくれたらいいのに、と思ってたらちゃんと入ってた!
編集さんの粋なセンスに大拍手です。

ブッキーは、新人俳優賞、最優秀主演女優賞の2回、プレゼンターとしてステージに登場。
「プレゼンターは、昨年『悪人』で最優秀主演男優賞を受賞された、妻夫木聡さんです」とふかっちゃんが紹介してくれたのも、二人のファンである私としてはたまらなく嬉しかったなあ。

DSCN0441_20120304123330.jpg

DSCN0358.jpg

新人俳優賞のプレゼンターとして登場したブッキー、そのきりりとした表情が会場のモニターでも映されていて、あー美しいなあと思いながら見ていたら、

関根さん「それでは妻夫木さん、お願いいたします」

ブッキー、完璧なきりり顔だったのに、「え、オレ今ボール投げられた?な、なにすればいいの?」という表情できょとん。
そのかわいすぎる様子が結構長いことモニターに映され、会場からは和やかな笑い声が。
放送ではこの数十秒のやりとりはカットされてしまっていたので、テレビを見ていた方は、関根さんが「それでは新人俳優賞を受賞された方々をご紹介しましょう」と言った時の会場の笑い声とその横で笑いをこらえるふかっちゃんの姿に「??」となったと思うのですが、その前にはこうした微笑ましいシーンがあったのでした。

新人俳優さんたち一人一人に、にこやかに賞状を手渡すブッキー。
その後の彼等に向けたメッセージは、本当にブッキーらしい、あたたかく感動的なものでした。

「僕なんかが皆さんにメッセージなんて、まだまだ言える立場ではないのですが…。
僕も10年前に、新人俳優賞をいただきました。それから10年経って、まだこの場に立たせてもらえていることが、本当に嬉しいなと思っています。
この10年、何があったかなって、さっき色々考えていたんですが、ただひとつ変わらず言えるのは、映画が大好きだということです。役者という仕事が本当に好きだなって、思います。
今日この会場にいらっしゃる方々も含め、これまでいろんな方と仕事をさせていただきましたが、どの方も、どの現場も、いいものを作ろうという熱い気持ちに溢れています。その分、寝れないですけど(苦笑)、本当に楽しいです。
皆さんも、楽しんでいただけたらなと。そして、苦しんでいただけたらと思います。その分、絶対自分に返ってくるものがあると思うので。
是非また皆さんと一緒に何かできたらいいなと思います。お互い頑張りましょう。」

このブッキーのメッセージを聞きながら、私も10年前のことを思い出していました。
ちょうど10年前の2002年、『ウォーターボーイズ』で新人俳優賞と優秀主演男優賞をダブル受賞したブッキー。
(しかしこれって、今考えるとすごいことですね)
その時、最優秀に選ばれたのは、窪塚洋介さん。
当時は知る由もなかったけれど、この頃は、同世代で強烈な個性をもった窪塚くんと比較され、「妻夫木は個性がない」と何かにつけて言われ、個性とは何なのかと悩み続ける毎日だったそうです。
でもそんな経験を乗り越えて、自らの努力で「自分の個性とは」という重い命題に対しての答えを見つけ出し、それが日本映画界最高峰の賞である日本アカデミー賞の、最優秀賞受賞という栄冠に繋がったんだね。

10年前、新人賞に輝いた未完の大器が時を経て大輪の花を咲かせ、そして次の世代の新人さんたちに「ともに頑張りましょう」とエールを送る。
こうした素敵なシーンに立ち会うことができて、映画ファンとしては最高に幸せな時間でした。

…と、一人じーんとしていたら、席に戻るルートを間違えて、頭をかきながら降壇する姿が^^
超真剣なきりり顔から、いつものブッキースマイルに変わる瞬間はテレビでもしっかり映ってましたねー。
自分の席に戻った時も、テーブルのメンバーに同じ照れ笑いを向けていてかわいかったです。

そして、最優秀主演女優賞の発表。
ブッキーが最優秀賞を発表するというのは、もう彼のファンになった時から待ち続けていた光景でした。
壇上に現われたブッキーは、昨年の渡辺謙さんに負けず劣らずのオーラ。
最優秀という実績に奢ることなく、しかしそれを確かな自信に繋げて前を見据える彼の凛とした立ち姿には、もはや「カッコイイ」などという表現が安っぽく思えるほどの、重厚な貫禄と風格がありました。

発表を終え、最優秀賞に輝いた井上真央ちゃんにトロフィーを渡すブッキー。

DSCN0434.jpg

真央ちゃんも好きなので、このツーショットは嬉しかったです。
喜びのスピーチをする真央ちゃんを、お兄ちゃんのような温かいまなざしで見守る姿が印象的でした。

全ての発表が終わったのは開始からなんと4時間後。
最後は、テレビには映らない参加者退場セレモニーがありました。
昨年、最後のこのセレモニーでブッキーの姿を見ることはできなかったので、これは本当に嬉しかったなあ。

プレゼンターという役目をつつがなく終えた安堵の表情で、爽やかな笑顔を振りまき、最後は、走り終えたランナーがロードに向かって一礼するようにくるりと体の向きを変え、うっとりするような美しい一礼をして去っていったブッキーでありました。

はー。
本当に素敵で濃厚な4時間でした。
またこの日本アカデミー賞授賞式で、あのキラキラな笑顔に会える日を、心から楽しみにしたいと思います。

日本アカデミー賞授賞式レポ~そのほか編。

とりあえず。

comment iconコメント ( -8 )

>kaoさん

私も友人と同じ会話したことあります!「ほんとにキラキラなんだってば!」って。でもなんか分かる気がする~と言われますね。
日アカから帰った夜、TUMAさんと“なぜブッキーはあんなにキラキラしているのか”というテーマで、黒ラベルを飲みながら語り合いました(笑)
肌がキレイとか目がキレイとか、外見的な因子ももちろんあると思いますが、彼にはやっぱり内面から輝く何かがあるなと。ほんと「キラキラ」って音が聞こえますもんね^^
今年もブッキーのキラキララメをたくさん浴びられるといいな~(^。^)

名前: すなふきん [Edit] 2012-03-07 13:23

「キラキラしてたんだよ~v-352」って初めて生ブッキーに会った感想を言いまくっていた事を思い出しました。「キラキラって・・・」と表現の稚拙さを指摘されながらも「それしか言い表しようが無いんだよ!」と言い張っていました(笑)
本当にブッキーはキラキラしてますよねv-352
同じ感想を持つ皆さんとお会い出来て本当に嬉しいですv-410
今回のレポを読ませて頂いてキラキララメたくさん頂きました~v-344
もちろん私も黒子やりますよ~i-184

名前: kao [Edit] 2012-03-07 03:48

>TUMAさん

いやいや、バイトじゃなくて手弁当でやりますわ(笑)
私、あまり自分のブログって読み返さないんですが、今日のお昼休み、何の気なしにこのレポを読んでいたらすっかり気持ちが戻ってしまい、現実世界に引っ張り戻すのにすんごい苦労しました^^;
そういえば去年もしばらく仕事が手につかなかったなー。
あーダメだ、ちょっと油断してぼーっとすると、頭の中にキラキラなブッキーラメが吹き込んできます(笑)

名前: すなふきん [Edit] 2012-03-05 22:48

すなふきんさん、アタシもあのキラキラは絶対に数人の黒子がいると思う(笑)。しかも、シャラシャラって小さく軽やかになる鈴つけてんだって(^_-)-☆。ラメの色もねぇ、金ピカと課じゃなくって、白金(ホワイトゴールド)かプラチナ系。絶対にキンキンしてないの・・・。アタシその黒子のアルバイトしたいけどなぁ(笑)。足腰の強さの自信はあるっすよ(#^.^#)

名前: TUMA [Edit] 2012-03-05 01:54

>チロルネコさん

ラメ黒子、絶対いますよね。てかなんなら私がやります(笑)
ふかっちゃんは相変わらず美しかったです。ブッキーのキラキラっぷりと深津さんの透明感は、ありえなすぎて毎回二度見します^^;
外見を飾るだけではつくれない内面から滲み出る輝きが、あの二人には間違いなくあるんでしょうね。
ブッキーがふかっちゃんにトロフィーを渡すという絵も素敵ですが、やはり私は、二人の主演作がいつか作品賞に選ばれて、壇上で喜び合うというほうが、叶って欲しいかなと思います。
日アカの常連となりつつあるこの二人の、次回の共演作が楽しみですね。

名前: すなふきん [Edit] 2012-03-05 00:04

テレビに映ってない所など、レポありがとうございます(^O^)
ラメスプレー持った黒子は私もいると思います(笑)
妻夫木君が見えるラッキーな席でよかったですね♪
深津さんは本当に白くて、白さ通り越して半透明に近いと思いますf^_^;
二人のファンとしては出来れば、妻夫木君が深津さんにトロフィー渡すシーンが見たかったです。

名前: チロルネコ [Edit] 2012-03-04 22:28

>Suicaさん

そうですね。昨年も会場で最高の結果を聞くことができて本当に幸せでしたが、今年はまた違った楽しさがあった気がします。
席は遠くても後ろ姿でも、4時間もの間、ブッキーと同じ空間にいられただけでもう充分でした。
ブッキー、この一年で顔つきが本当に変わりましたよね。もちろんいい意味で。
そういう観点で昨年と今年の映像を見比べてみると、ファンとしてはまた違った楽しみがあって、来年再来年と、ブッキーがどんな進化をとげてくれるのか本当にわくわくしてきます。
日アカ、いつかSuicaさんと一緒に参加してみたいです。席は遠くても、あの雰囲気だけでおなかいっぱいになりますよ(^o^)

名前: すなふきん [Edit] 2012-03-04 21:47

プレゼンターのテーブルはまだ後ろのほうだからかえって近くで良かったですね~ブッキーにとっては最優秀主演男優賞を取った昨年のほうが嬉しかったとは思いますし凄いことなんだけど、ファンとしては最後までいてくれた今年のほうが美味しかったですよね~来年もエントリーされて最後までいてくれたらいいですけどね

名前: Suica [Edit] 2012-03-04 17:18

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。