ga02.jpg

ga04.jpg

ああ、観終わってしまった。。
毎朝続きを観るのが楽しみで起きてたので寂しいよー。
楽しみなくなっちゃって明日から起きられるだろうか(笑)

一流大学附属病院を舞台にブッキー演じる研修医斉藤英二郎が、日本医療の抱える様々な矛盾や問題に直面し奮闘するメディカルヒューマンドラマ。
医療をテーマにしたものは、ややもするとお涙ちょうだい路線に走りがちで、絶対に治るはずのない患者さんが奇跡的に治ったり、神様のような完璧なお医者さんしか出てこなかったりと、うーん…と思ってしまう作品も時々あるのですが、これはドキュメンタリーを観ているようなリアルさがありました。

無力感、後悔、覚悟、そういったものを全部抱えて、それでも医者は前を向かなければいけない。
英二郎が出会う先生ひとりひとりの言葉がいちいち深くて、なんだか英二郎になった気分で毎回うなずきながら聞いてしまった。
これから医学の道を目指す人たちに是非観てほしいと思ったドラマでした。

そしてブッキー(当時22歳!)は初主演連ドラとは思えないくらい、なんだかもうすでにお芝居確立されてる感がありました^^;
泣きの演技、この頃からもう完璧だったんだね、と思いましたが、実はどれもリアル泣きだったんじゃないかと。
特にNICUのシーンなんて全部。
いろんな監督が彼を泣かせたがるわけが分かる気がする(笑)

ラスト、資料室で、「本物になれ」と英二郎が服部院長に言われるところが、私の中でのベストシーンです。
第一話のあの逃げ出したシーンがあったからこそ、同じ場所でのこのシーンがより感動的なものになったんだなあと。
やられた感満載ですね^^

このドラマ、今は亡き緒方拳さんと原田芳雄さんがいずれも重要な役どころで出演していて、そういう意味でもなんだか切なくなってしまった作品でした。
10年後の成長した英二郎という設定で是非続編をやってほしかった。
でも仮に続編が実現したとしても、服部院長と北先生はもういないんですね。。

しばらく余韻に浸ってしまいそうです。

【その他感想】

・エンドロールに汐留が出てくるんですが、この頃って電通と共同通信のビルしかなかったんですねー。
私の勤務先のビルも日テレもシティセンターもロイヤルパークもない汐留の映像を見るのは、何だか不思議な感じがしました。9年前ってこんなだったんだな。。

・平井堅さんの主題歌『LIFE is…~another story~』もよいー!
これ、このドラマのために作られた曲じゃないのに歌詞がテーマにぴったりなのがすごい。
このドラマを毎朝観てから出勤してたので、「こ~たえ~など~どこ~にも~ない~」と、仕事中サビがずっと頭の中でぐるぐるしてました(笑)

・DVD、第一話だけだけどコメンタリーがついてた!ブッキーのコメンタリー大好きなのでこれは嬉しかった♪
手の震えを止めようとシャーカステンに手をぶつけるシーンでは、当てすぎて怪我したらしい。
この頃から本気芝居だったのね。
鈴木京香さんとメアド交換したいけど恐れ多くてできない、とか言ってる男三人(ブッキー、加藤浩次さん、伊與田P)かわいすぎて吹きましたw

番組HPが未だに残ってることに感動。維持費もかかるはずなのに。
10年近く前のドラマのHP残してるのってTBSだけだと思う。
私のようにこうして後からファンになった者にとっては感涙ものです。TBSさんありがとう。

・そしてこの中に、やっぱりあったー!まっちゃん日記
まっちゃん(当時のブッキーマネージャー松永さん)が現場のウラ話等を日記形式でHPにアップしてくれていて、もうこれ大好きなのです。(ちなみにこの1年後に放送された『オレンジデイズ』バージョンもあり)

>2003年6月20日(打ち上げSP編Part5)
そして妻夫木聡のスピーチ。
僕は心から感動した。妻夫木聡という俳優を担当して本当に良かったと思った。どんな内容かはここで書くと安っぽくなるので、書きたくない!!(すいません…)15分ぐらい。心の思いの全てをさらけ出していた。会場からは何も聞こえない。ただ妻夫木が必死に話しているのを聞き入っていた。泣きながら……。僕も泣いた。必死に我慢しても耐えられなかった。隣を見たら、伊與田さんも泣いていた。山室さんも泣いていた。それを見たら僕は、もういいや泣いちゃえって思った。

マネージャーに「担当して本当に良かった」と言われるってすごいことだと思う。
そして芝居以外のところでも人に感動の涙を流させる男・妻夫木聡。
さすがだぜ。

ブルーリボン賞授賞式。

情報解禁!

comment iconコメント ( -4 )

>ハッピーさん

本当にいいドラマでした。なぜリアルタイムで観なかったんだろう…ブッキーごめんなさいという感じです。
ただの感動ものとするのではなく、医療業界のダークな部分もきちんと描いていたり、骨太な作品ですよね。記念すべきブッキーの初主演連ドラがこの作品でよかったと、観終わった後純粋にそう思いました。
ドラマゆえ多少の誇張はあると思いますが、こんなに親身になってくれるお医者さまが現実にいてくれたらどんなに心強いだろうと私も思います。
『天地人』終了から早2年。そろそろまた久しぶりにブッキーの連ドラが観たいな~と思いますが、しばらくは脳内妄想で我慢かな?(笑)

名前: すなふきん [Edit] 2012-02-14 23:43

私もこのドラマ大好きでした!
ブッキーに合ってて毎度こんな人間味あふれる優しいお医者さまがいたら~なんて思って見てましたよ。

また素敵なドラマやってほしいですね☆

名前: ハッピー [Edit] 2012-02-14 11:17

>TUMAさん

まっちゃん日記、いいですよね~。「担当してよかった」なんて、マネジメントされる側にとって、これ以上の嬉しい言葉はないと思います。
ブラよろ、よかったです(^o^)今晩からは字幕つきで第二巡目です(笑)
TUMAさんのベストシーン、私も好きです。あとは宮村さんの手術が終わった後、屋上のカオリに向かって親指立てて「やった!」っていう顔するとこ。あとは中庭での「ありがとうございました!」「アホ!」っていう高砂先生との別れのシーン。もう挙げたらきりがないですね。
それからお兄ちゃんの夢、やっぱりそうだったんですね!実はTUMAさんの母校が滑り止めと聞いた時、その上といえばもう東大京大か医学部しかないでしょ~と思っていたんです^^
TUMAさんの息子さんなら、英二郎のように誠実でまっすぐで優しい、“本物”のお医者さまになれる気がします。
お兄ちゃんの夢、どうか叶いますように。

名前: すなふきん [Edit] 2012-02-13 21:51

アタシもこのまっちゃんの日記観ました。だって、アタシがブッキー大好きになったのは「ブラよろ」からだから(笑)。兄ちゃんは「ブラよろ」の原作ファンです。目指す夢がそうだから。で、このDVDを観て、ブッキー好きになりました。天地人でその裏付け評価GETしました(笑)。
アタシは、ガン病棟編の最後の笑顔・・・コレがベストスマイルと認定しておりんす(#^.^#)

名前: TUMA [Edit] 2012-02-13 00:39

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。