FC2ブログ

スパイク・ジョーンズ監督の『アイム・ヒア』を観てきました。

im_here.jpg

たまらなく悲しく、そしてたまらなく美しい物語でした。

「僕の足を君にあげたいんだよ。夢の中で、君は僕の足を選んでくれたんだ。それがすごく嬉しかったんだ。」
って、なんて純粋無垢な愛なんだろうと。

与えるのも愛ならば、受けるのも愛。

たぶん自分は、本当に好きな人のためならシェルドンにはなれる。
けれどフランチェスカにはなれない。

いろんな心のしがらみから解き放たれた時、フランチェスカのように素直に愛を受け取ることができるのかなと思いました。
私も、「I'M HERE」と言える場所を見つけなくちゃ。

今年も行くよー。

エキストラ。

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。