冬ですねー。

寒くなると、私はなぜかクラシックが聴きたくなります。
昔はよくクラシックのコンサートにも出かけてたなあ。
あ、ちなみにクラシックコンサートやミュージカルに行く時、コートはできるだけクロークに預けたほうがいいらしいです。
コートって音を吸うから、音響に微妙に影響するんだそう。
確かに東京芸術劇場へ『南へ』を観に行った時も、入ってすぐの正面、いちばん目立つところにクロークがでーんとありましたもんね。

以下、私の鉄板クラシック。

ラルゴ~オンブラ・マイ・フ(ヘンデル)



オペラ作曲家でもあったヘンデルのオペラ『セルセ』の中のアリア。
これはバイオリンバージョンですが、途中、主旋律がオーボエに変わるバージョンのもあって、個人的にはそれがいちばん好き。

管弦楽組曲第3番BWV1068第2楽章(バッハ)



「G線上のアリア」という名称で、あまりにも有名な楽曲です。
小学校の卒業式で、卒業証書授与の時に流れていた曲だったので、この曲を聴くと未だにしんと冷えた体育館を思い出します^^
若年時の感覚的な記憶ってすごいね。

子供の情景第7曲『トロイメライ』(シューマン)



“トロイメライ”というのは「夢をみるように」という意味だそう。
いいことがあった時、激しく落ち込んだ時、どちらの局面で聴いても自然と涙が出てくる、甘美でせつない名曲。

ほんとはバスローブ姿でワインを飲みながらクラシックを聴く、というのが理想の絵なのですが(笑)、あいにく下戸なので、ノンアルコールでクラシカルな世界に浸ろうと思います^^

こやし。

ステキな金縛り。

comment iconコメント ( -2 )

>TUMAさん

TUMAさん、ピアノ弾けるんだーすごーい!
私はちゃんと習ったことがないので、『主よ人の望みの喜びよ』がせいぜいです。
クラシック、癒されますよね~。残念ながらランニングやドライブには合いませんが(笑)、慌ただしい平日を終え週末の夜にまったりしながら聴くと、身も心も浄化されていくような気がします。
TUMAさんのオススメクラシックあったら教えてくださいね(^o^)/

名前: すなふきん [Edit] 2011-11-28 13:21

特にガッツリって訳じゃないですが(^^♪

クラシックって、なんか偶に聞くと癒されます。絵画も同じかなぁ(笑)。小さい頃から無理やりピアノさせられて、当時はホントに嫌だったけど、最近、改めてピアノ再開しようかなぁって思います。何でしょうねぇ(笑)。今だったら、すごく素直になれそうな気がしますね(#^.^#)

名前: TUMA [Edit] 2011-11-28 01:40

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。