御礼がすっかり遅くなりましたが、身に余るたくさんのお祝いメッセージ、本当に有難うございました。
ここ数日、ありがたいことに毎日のようにいろんな方々にお祝いしていただきました。
だからというわけではないのですが、返信がずいぶん遅くなってしまいました><
しかもmixiバースデーについては返信方法が分からず未だに御礼コメント送れておらず。。メッセージ下さった皆さんほんとにごめんなさい。
個々に御礼メールを送らせていただきますのでしばしお待ちください。

しかし誕生日って、自分が祝われるというよりは、両親はじめ周囲の人たちにありがとうという感謝の気持ちを伝えるためにあるんだなと。
メッセージをひとつひとつ読みながらそんなことをあらためて強く思いました。

笑っちゃうくらい
年齢やらを基準にし
数字に縛られる我々日本人
そろそろ 年輪は
" 生かされた 感謝すべき時間の長さ "
である事に気付いても良いんじゃ無いかと
本気で想います


私と同じ、8/22生まれの斎藤工くんのブログに綴られていたこの言葉に強く共感。

「もう若くないから無理」と年齢を重ねれば重ねるほど、ついついそんなことを自虐的に口走ってしまうけれど、自分で自分の前に壁を作ってしまうのではなく、適度な間隔で適度な高さのハードルを置きながら、それをひとつひとつのんびりゆっくりクリアする、「大台」と言われる年齢になった今、そんな生き方をしていけたらいいなと思っています。

皆さま、これからもどうぞよろしく☆

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。