今や世の中の合言葉ともなってきている「節電」。
会社も空調の温度設定が高めになっていて、ロッカールームはもはやボイラー室のようになってます。
あそこに洗濯物干したら間違いなく2時間くらいで乾くと思う(笑)

しかしスーパークールビズということで、内勤者のドレスコードはかなり緩やかになっているものの、営業さんは当然例外で、ただでさえ仕事ハードなのにスーツが暑そうで、ほんとに見ていて切なくなります。
大阪出張帰りのHくんに、「外暑かったでしょ」と聞いたら、「いやー、大阪に比べたら東京はまだ涼しいほうだよ」とは言ってましたが。大阪の暑さはハンパないですから確かにそうかもですね。。

来月からはオフィスの消費電力30%本格削減ということで、いよいよシフト制での在宅勤務が始まります。
在宅かあ。。
同じアシスタントチームのふーさんやTさんは、仕事はかどるし、朝もゆっくり寝ていられるし、食事も規則的にとれるし、ということで在宅は苦じゃなく、むしろ積極的にやりたいと言っていたのですが、私は全くもって在宅に向いてないので、とりあえずうるさく言われるまではしれっと毎日出勤しようと思ってます。

だって在宅勤務だと全然ギアがトップに入らないんだもん。
思ったんですが、毎朝「ああもっと寝ていたい」と思いつつ無理矢理起きて、お弁当つくってゴハン食べて歯みがきして服にアイロンかけてメイクして髪整えてというのは、自分にとって仕事に向けての士気を高めるための“儀式”なんだろうなと。
だからたぶん、始業時間ぎりぎりに起きて、ノーメイクでTシャツで仕事できちゃう在宅勤務は合わないんだと思う。
つくづく不器用な人間だなあと思いますが、こればかりは性分なのかも。
それに誰にも会わないで誰とも喋らないで(電話で喋ることはあっても)一日家で一人で仕事するなんて耐えられん。
ってどんだけ寂しがりなんだ(笑)

しかしそんなわがままばかりも言ってられないので、徐々に在宅マインドに切り替えていかないとなーと思ってます。
とりあえずがんばる。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。