バンクーバーオリンピック、フィギュア女子シングル、盛り上がりましたね。
真央ちゃんとキムヨナのハイレベルな戦いは見ごたえがありました。

今回、キムヨナの勝因は、もちろん彼女自身の才能や努力によるところも大きいけれど、今の採点基準で点数が稼ぎやすいプログラム構成や選曲にあったと言われています。
リスクの高いジャンプに挑戦することは避け、トリプルアクセルの次に難易度が高いと言われる三回転ルッツを後半に組み、それを確実に決めたことで一気に高いポイントがついたと。

これを聞いて、私は北京オリンピックの男子体操、冨田と楊威の対決を思い出しました。
ポイントを稼ぐ構成と技に特化し金メダルを獲得した楊威と、得点にならないと分かっていてもひとつひとつの技の確実性と美しさにこだわった冨田。

真央ちゃんも、リスクが高いジャンプと言われながらもトリプルアクセルに挑み、跳び、そして見事に3回とも成功させた。
けれど、負けた。
単純に勝ったか負けたかで言えば、二人とも“負け”だった。それは事実。
けれど私は、不利と分かっていてもリスクが高いと分かっていても、採点方法に媚びることなくあくまで「自分らしさ」にこだわり、そして挑んでいった二人こそ、真のアスリートだと思っています。
大事なのは勝ち負けでなく、その勝ち方、負け方である、こういう勝負を見るたびにいつも思うことですが、本当に素晴らしいものを見せてもらったという気がしています。

4年後、さらに進化した真央ちゃんに会えるのを楽しみにしています。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。