しのたんのブログに、一昨日「身命を以て責任とお詫びを」と遺書を残して自らの命を絶った、松岡農相についての記事が書かれていました。
(しのたん、勝手にすみません。。NGであれば削除します)

 >自ら絶っていい命などない。
「日本」を遺書に書くのなら、日本のために生きて欲しい。

私は勿論彼に会ったことも話したこともなく、知っているのはメディアを通じて伝えられる情報のみで、どんな苦しみがあったかは分かりません。
自殺を決意するほどの心理状態に陥ったこともない者が、安易なことを言うのは間違っているのかもしれません。

でも。
お詫びというのであれば、生きて、自らの口で真実を語って欲しかった。
命を懸ける覚悟があったのならば、生きて償う勇気を持って欲しかった。

そう思います。
様々な意味で、彼の死が残念でなりません。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。